看護師転職 志望動機 退職理由

看護師転職の志望動機や退職理由の話し方について

看護師が新しい職場で働くには、
まずは面接を受けなければいけないのですが、
面接の際に、志望動機や退職について聞かれることがあります。

 

 

これはどこの病院にいっても同じように聞かれることですが、
しかし、何でも正直に話せばいいということでもないので、
注意が必要となっています。

 

まず、志望動機については、それほど気を付けなくても
大丈夫なのですが、しかし、退職理由について聞かれた際には、
気を付けたいですね。

 

以前の職場を退職した理由が、人間関係のもつれや、
仕事が忙しすぎるというようなことであると、
少しマイナスなイメージを抱かれてしまいます。

 

仕事が忙しすぎるというのが、実際の理由であっても、
それではこちらの病院の仕事は楽だと思っているのか
ということにもとられかねないので、
ここのところは言い方を少し考えていくようにしたいものです。

 

 

あまりマイナスな理由で退職したことは、
正直に言わないようにしていく方がいいのですが、
新しい環境でもう一度チャレンジしたくて、
退職しましたというような風に、前向きなイメージを
喚起させるようなことを話す方がいいようです。

 

もちろん、自分の思った通りのことを話すということも
大事になるのですが、そうであれば正直に話ながらも、
やる気はあるということを、より一層伝えていくようにしなければなりません。