准看護士と正看護師について

准看護士と正看護師について

看護師として働くというと、
多くの人がイメージするのは正看護師としての
働き方であるのですが、しかし、看護師の中には、
准看護士という資格を持つ人もいます。

 

どちらも看護師であることには変わりないのですが、
しかし、正看護師と准看護士では、
持っている免許が異なり、その仕事内容も異なります。

 

まず、正看護師というのは国家資格免許を取得し、
自分で物事を判断し、看護を行うことができます。

 

看護師として、しっかりと働いていきたいと考える人は、
正看護師になった方がいいのは間違いありません。
正看護師は看護について俯瞰できる能力、看護計画を
立てて自ら看護を立案する能力があるとされています。

 

なので、何かあった際には、正看護師として、
主体性をもって看護に当たれるのですが、
反対に准看護師というのは、必要とする免許は
都道府県知事免許で、これは、医師や看護師の
指示があってから、看護が行えるようになっています。

 

准看護士というのは、正看護師と違って自分で考えて、
判断をしていくということができないのですが、
もし、正看護師になって、
自分で判断し、自主的に看護をしたいと考えている人は、
准看護士から正看護師になることができます。

 

ただ、その際には、しっかりと看護の学校に
通って、国家試験に合格しなければなりません。

 

こうしたことをしっかりと経てから
正看護師になることができます。

 

最近は准看護師に対して職場でも
看護師になるためのサポートをするところも増えています。

 

長く働いていくにはどうするのがよいのか?
ということを考えてみましょう。